大阪サクヤヒメ表彰・特別賞をいただきました!

2016年12月03日 12:22

大阪サクヤヒメ表彰・特別賞をいただきました!

FullSizeRender_20161203122627cd6.jpg



この表彰は、亡き先代大阪商工会議所会頭・ 佐藤茂雄氏の最後の句
「やはりいた サクヤヒメたち 六年たつ」
に基づいて創設された、女性活躍に貢献した人を表彰する第一回目。


IMG_4610.jpg

生前の佐藤会頭とはずいぶん親しくさせていただき、すばらしいメンバーとともに、いろんな場所で格別のお食事をご一緒させていただきました。
ともかく豪快な方で、その嗜好もちょっとひとひねり、フツウじゃないのが楽しくて。
いちばん思い出に残っているのは、かつて京大ボート部時代によく行かれた近江今津の料亭で鴨鍋を食べた時でしょうか。
「琵琶湖周航の歌」にからめ、一句詠みなさい、と急に色紙とサインペンを宿の女将に持ってこさせ、一瞬ひるみましたが、ここで詠まずば作家がすたる、と一句。

  雪の宿 葱を背負って鴨、来たる
             かおる

「ふーん。まあまあやな」とおっしゃったお顔、なぜって佐藤さんご自身、俳句をたしなむ人だったから。
 今も宿に飾ってあるそうです。お恥ずかしや。

その佐藤さんが、最後に詠まれた俳句がこれ。

   やはりいた  サクヤヒメたち 六年たつ

佐藤氏を偲ぶ会 でこの句を初めて聞いた時、女性活用がこれからの経済界の鍵として早くから提唱してこられたことを知り、不遜にも私は、「サクヤヒメって、 ずっと前からいるのに、ここに」などと、遺影に向かってうそぶいていたのでした。
天の佐藤さんは、笑ってそれを聞き届けられたか、ハイハイあんたもね、もっとやりなさいね、とハッパをかけてくださったのかもしれません。

大阪ANAクラウンプラザで開催された表彰式では、64名もの表彰者が。
まさに、大阪経済を担う大企業の中で、女性の能力、女性の気概を発揮されてこられた方々です。

そうか、だから「サクヤヒメたち」と複数なのか……。
スーパーウーマンが一人いたって社会は動かせない。たくさんいてこそ、輝きになり、力となる。
ずっと一匹狼でやってきた私は、自分ひとりの足下しか見ていなかったようです。
あらためて、佐藤氏の視野の広さに感服したひととき。

IMG_4608 - コピー

特別賞同時表彰は92歳の女性経営者、尾崎さん。
そこにこの方がいらっしゃるだけで明るいし、元気が出る。かくあるべし。
私などまだまだ若造と実感しました。