FC2ブログ

謡(うたい)デビューの日

2013年06月01日 00:08

美しい扇を、先輩から頂戴した。

 130531_223141.jpg

観世流シテ方片山九郎右衛門お社中の、末席に加えていただいて、謡いの稽古を始めてまだ3回目。
なのに、なんと来月、お社中の発表会に、このわたくし、独吟で出場することに!!!
独吟ですよ、独吟。つまり、ピンです。私一人、ソロで謡うってわけ。
そんなアホなぁ~。

「いえ、できますって」
と、涼しい顔で九郎右衛門先生。
「かおる先生は本番には強いでしょう」
ええ、まあ、それは出たとこ勝負の生番組で鍛えられてますけれど、……って、ちょっと待って。まったく基礎も素養のない伝統芸能で、それはなんぼなんでも無理でしょう!? 
 
なのに誰も聞いちゃあいない。
「これ使ってください」
 先輩が、にこにこしながらくださった扇は、その発表会用に、とのお心使い。
えーーー、どうやって使うんっすかぁ?
 こりゃあ、みんな本気だわい。
 冗談にしか思えないのは私ひとり。
 さあ、えらいことになりました。
 
 お題は「鶴亀」。
 汗かき恥かき四苦八苦の玉岡をごらんになりたい方は、ぜひ発表会にいらしてね。
 これ、成功したら、謡いでも出演依頼、おウケいたしまーす。
 
 …って、またそれをネタにしそうな自分が怖い。
 がんばらなきゃあ。
関連記事



-->