FC2ブログ

111回目の映画会

2012年04月03日 20:56

 一昨年、多くの皆様にお越しいただき見てもらったサイレントシネマ、「サンタ座」。神戸朝日ホールという晴れ舞台で、父・浮世白鳥の最後の檜舞台として、110回目の上映会を開催させていただきました。
 が、最後ではありませんでした。次ぎがありました。
 なんと、4月5日、ホームグランドの新開地アートビレッジで、6:30pm~ 111回目のサイレント映画上映会があります。
 私も知らなかったので、ビックリです。
 今回は「オペラの怪人」(あのオペラ座の怪人を大正時代に映像化したもので、原作にいちばん近いと言われています。最近では劇団四季や宝塚、ハリウッド映画などでかっこいいファントムが作られましたが、この時代はもろに怪奇な存在。)と「芝居小屋」(これは私も見たことがありません。ドイツの制作というのは、当時、シネマの技術はやはりヨーロッパだったんでしょうね。)の2本立て。

 今年93歳になる父。昨年夏に倒れ、いよいよだめかとも思っていたのに、映画という情熱があれば、何度でもよみがえれるものなんですね。
 
 ということで、私も親孝行に、見に行きます。
 まだ一度も無声映画を見たことがないという人、初・サイレント、初・活弁士の体験は、父が存命のうちがチャンスです。

___20120403210729.jpg
関連記事



-->