FC2ブログ

ことし最初のタカラヅカ

2009年01月24日 12:52

 行ってきました、花組公演。なんと銀橋どまん前、2列目中央です。
 ツイてないこと、楽しくないこと、ちょっと運気が下がり気味でも、ほうれ、すべて取り返しました、この席で。
 いざスターが銀橋へ! という時はドキドキです。ちゃんと私の前で止まって歌って微笑んでくれるんだから、もうたまらん。

 今回は韓国ドラマでもわたくし夢中で見た『太王四神記』。日本史でも教科書に載っていた高句麗の名王、広開土王のお話です。
 もちろんヨン様は文句なしにすばらしかったけど、それをタカラヅカで、というんだから、これは何があっても見に行くでしょう。チケット取るのに2股、3股で抑えにかかり、最後でドカンとSS席を引き当てたという次第。
 あの長いストーリーを、2時間でどう見せるか。まずそこがみどころ、と思っていたら、設定や話の流れが明瞭で、展開も早くてどんどん進み、ものすごくよくわかった、というのが感想のすべて。
 テレビドラマではメインだった朱雀の妹、黒朱雀スジニとのかかわりを、後半どう処理するんだろうと休憩時間には心配してましたが、設定を残しつつもみごとに割愛。なるほど、その手でいきますか。
 でも結果オーライ、それがよかった。なにしろドラマではスジニの女優さんがあまりにかわいかったからつい肩入れしてしまって、姉の朱雀がうざくてたまんなかったもんね。タカラヅカ版では、朱雀がみごとにヒロインに返り咲き、そうね彼女が主役だったのね、と納得できる話の作りになっていました。
 これはきっと、何度も再演される宝塚歌劇の名作になりますね。タカラヅカのための作品、という気がしました。何度でも見たい。また見に行きます。
 大満足の銀橋前からの感想でした!

Image058.jpg
関連記事



-->