東北へ、震災復興にエールを送る旅

2014年10月27日 18:53

以前から行きたいと思いつつかなわずにいた東日本大震災被災地へ。無傷の関西から、ボランティアでもなく行ってよいものかためらっていましたが、現地の人から「来て下さい。来て、見ていただくことがエール」と言っていただき、吹っ切れました。
仙台空港からレンタカーで、約400㎞、2泊3日の旅程も、岩手県大阪事務所の有能なおねえさんに組んでいただき、はずせない場所、行きたい場所、すべて洩らすことなく、ロスもなく、完璧な旅程。


IMG_7037.jpg

奇跡の一本松はまだ立っていましたが、周辺はすさまじい地上げと更地製造の現場。
頭上を縦横に交錯するベルトコンベアが、この地をよみがえらせるのに必要な土砂の量を思い知らせます。
第1、ドライブの最中、行き交うトラックの数といったらハンパないです。


IMG_7031.jpg

IMG_7029.jpg

陸前高田の市役所は、いまだ高台で仮設庁舎のまま。まもなく3年もたとうというのに…。

IMG_7007.jpg

釜石から山田町、そして宮古へ。

IMG_7055.jpg

こんなに美しい浄土ヶ浜に、2万人もの尊い命を奪っていった黒い津波が荒れ狂ったなど、どうやったら想像できるというのでしょう。
関西から、大勢のボランティアさんが駆けつけてくれたことを、とても温かく受け止めて下さっている地元の皆さん。”絆”はたしかに生きていました。


IMG_7045.jpg

津波の語り部さんの話には、おののくしかできず、そして涙が止まりません。
会う人会う人、3年たっても癒えることのない悲しみは、津波がさらっていった岩場に咲く"はまぎく"の花だけが分かち合えるのかもしれません。


IMG_7054.jpg

また冬が来ます。一日も早い復興のために、何をどうすればいいか、課題をくれた旅の終わりでした。