FC2ブログ

ねぶた (8/24掲載・日経新聞エッセーより)

2014年08月24日 10:01

8/24(日)日経新聞掲載の玉岡かおるエッセー。日本の夏祭りについて書きました。(読んでね!)
まずは青森、ねぶたへGO!。


ねぶた

『ひこばえに咲く』を書いたご縁で、地元のみなさまに御案内いただいて、内容充実、まずは”ねぶた一筋”として市民にも知られている鹿内・青森市長を表敬訪問。

青森市長訪問

私からはサイン入りで『ひこばえに咲く』をプレゼント。
青森が生んだ大地の画家・常田健さんともども、どうぞよろしく。
お返しにいただいたのが、この扇。ねぶた柄です。


ねぶた扇

いやあ、見れば見るほどすごい迫力。
こちらは、祭の期間以外にも見ることの出来る展示品。名人咲くのねぶたです。すごいでしょ!


ねぶた名人

見ている間に、いやがおうでも祭気分はアゲアゲです。
踊る阿呆に見る阿呆… 阿波踊りのコンセプトは、祭すべてに通じますね。
ってことで、踊らにゃ損、損…。
跳ね人(はねと)の正装はこんな感じ。


跳ね人

そして、わたくし、玉岡かおる、出陣です。
いざ。
 どうよ??


___20140824104911a87.jpg


そして祭の最後は、船にねぶたを乗せて、海上運航。
その上を、花火が惜しげもなく夏の夜空を飾ります。


青森花火

この期間、ミナトに停泊中の巨大客船ASUKAⅡや、今年初お目見えのダイアモンド・プリンセスからも、エールの汽笛が、ボーー!♫
うーん、いいねえ。みんな、いのちは海から来たのだもの、この瞬間にはじーーん。
宗教色がないと言われるねぶただけど、これは、壮大な鐘楼流しなのだと確信しました。

さあ、最後にもう一丁!
雨なんて止ませてみせましょう、いざ、まいる。


かおる跳ね人

次回、私がこの夏に訪ねた日本の3大祭の第二番目をお伝えしますね
スポンサーサイト






-->