新聞書評から~ どっちも書きたかった本・どっちも読んでほしい本

2013年12月29日 13:20

 2年も静かだったのに、新刊、出すとなったら2冊もほぼ同時。
 一冊は現代もの。そして一冊は戦国時代小説。
 どっちも、書きたくて書いた小説。玉岡だから書ける小説。
 なのですが、これが戦略的にはよかったのかいけなかったのか、もっか2冊は書店で健闘中です。
 
 
 おかげで、2冊まとめて評されることが多くて、2冊書いたことに驚かれるのですけれど、私としてはちと違う。
 まったく違う種類の小説。そして、それぞれ命けずって書き上げた作品。
 それぞれの世界を楽しんでいただきたいと願っています。
 両方とも待っていた、と言ってくださる読者のみなさまの声、ありがたく受け止めるこのごろです。
 そんな中、新聞各紙、書評担当の記者が誠実に読んで、記事を書いてくれました。

産経新聞・ひこばえ書評

上は、産経新聞評。
そして下は神戸新聞評。
写真、もっと髪の乱れに気をつけて、って、自分にツッコミ入れてます。
だいたい、しゃべり出したらまっしぐらだからね。自分のなりふり、わかってないの。

神戸新聞・ひこばえ書評

そして、毎日新聞評はこちら。
やはり写真が気になりますか。

毎日新聞

なるほど、と励まされたり、ああ、そこよくわかってくださった、と喜んだり。
じっくり作品を読んだうえでインタビューしてくださっているから、私が書きたかったこと言いたかったこと、痒いところに手が届く。
新聞書評は私にとって、第一番目の感想文です。そして同時に、後から来る読者への道標にもなってくれてる。
心して、読ませてもらっています。
そうして、遠い岩手日報でも記事にしていただきました。

岩手日報2

地元のみなさまには、どう受け止めてもらっているのでしょうか。
お正月、東北方面に既成されるみなさま、機会があったらケンさんの美術館をお訪ね下さいね。