お待たせしました! 新刊情報!!

2013年09月04日 10:52

 皆様、長らくお待たせしました。ようやく玉岡かおる作品、新作をお届けできます。
 11月上旬に、2年ぶりの書き下ろし小説『ひこばえに咲く』(PHP出版)を刊行いたします。

 現代小説は『蒼のなかに』(角川書店)以来、なんと、実に9年ぶりです。
 津軽のりんご畑の中の土蔵に眠っていた150枚の絵画。
 売れることも、世間に認められること評価されることも求めず、ただ絵を描き続けた老画家との出会いを通じ、仕事にも家族にも恋にもなにもかもに行き詰まっていた主人公香魚子が、人生にもうひとつの枝を伸ばし花開かせていく自己再生と自己建設の物語です。
 パリと津軽、そしてプロレタリア・アートが一世を風靡した戦中と現代。時空を越えた設定のスケールにもご注目。
 芸術とは、長寿化した人生の中ではぐくむ人間の愛とは。いろんなヒントがいっぱいです。
 お楽しみにね。

 そしてそしてもうひとつ、オドロキのおしらせ。
 なんと、ほぼ同時に、戦国時代小説も、お届けできることになりましたっ。
 こちらの方は、来年のNHK大河ドラマの官兵衛にも援護射撃できるかもしれません。

 それよりなにより、2冊同時書き下ろし刊行なんて、我ながらスゴすぎ。
 こんなことは、今までの作家生活の中ではなかったことですし、また、今後もそうそうあることと思えません。
 現代小説と歴史小説。玉岡のペンの、まったく違う世界を同時にお楽しみいただけることはまちがいなし。
 ぜったい失望はさせませんよ~。
 あと少しだから、待っていてくださいね。