FC2ブログ

行ってきました!出前授業

2013年03月10日 19:37

 先日、県立三木高校へ、「教育委員の出前授業」、不肖わたくし、30年ぶりに教壇に立たせていただきました! 学期末、年度末、しかも入試前(!)という慌ただしい時期に、校長先生はじめ、教職員の皆様方、迎え入れていただきありがとうございました。そして三木高校2年8組のみんな、ありがとう!!
 神戸新聞3月9日付けの記事です。

出前授業

 「めざせ、兵庫県1受けたい授業!!」がスローガンだったのですが、いやー、授業はそんなに甘くない。だって一期一会の50分勝負のライブ。いろいろ反省点ばかりです。

 でも、こうやって生徒さんの出席をとり顔を見て、質問をして答えてもらって……、双方向でふれあう機会は、講演ではぜったい得られない体験。学校見学や視察ではかなわないたしかな感覚です。
 1クラスだけなんて、とのご意見もあるかもしれませんが、授業だからこその意義はあるのです。

 三木高校のみんなはとてもおとなしくきちんとしていて、自分の高校時代と比べて大ちがい。感激しました。
 テキストに選んだ私の連載中のエッセーも、難しいかな、とは思ったけど、みんなつまずかずにすらすら読めたね。
 自慢じゃないけど私の文章はまっとうな日本語のお手本なのですよ。なにしろ今年の公立高校入試問題にも採用されたばかりです。(あ、自慢してるか……。)

 「神と仏と日本人」、教育委員が宗教教育だなんて、とご心配されていたみなさん。生徒さんたちはとても素直に受け入れてくれましたよ。伝えたいのは、誇るべき日本のこころ。それは古代からこの地に住んだ先人たちの視線をたどるほかはないと思います。
 大人が自信をもって日本の誇りを伝えれば、それは確実に受け止めてもらえるものだと確信しました。違う意見を持ったとしても、それはそれで問題提起ができたという成果になると思うんです。

 校長先生は、日頃、フットワーク軽くキャンパスの中を見て歩いてらして、生徒たちのあの顔この顔、しっかり写真を撮ってはネット新聞を発行なさるというスーパーな先生。私もさっそく登場させてもらっています。

http://www.hyogo-c.ed.jp/~miki-hs/images/20130308.pdf

至らないところだらけでしたが、さらに研鑽を積んで、まだまだ「兵庫県1受けたい授業」のグレードアップをめざしますね。
みなさん、ありがとうございました。



-->