FC2ブログ

姫路文学館夏季大学・お礼

2009年07月11日 12:38

 昨日は、姫路文学館主催の「夏季大学講座」のトップバッターとして、登壇させていただいてきました。
 当ホームページでのご案内を怠っていて、すみません。
 それでも、朝からの雷雨にもかかわらず、市民会館大ホールを万席うずめるお客様にお越しいただき、感謝、感激でした。ありがとうございました。
 この日は「播磨女の知恵と意地  このおおいなる文学風土」と題しての講演でしたが、あとで催していただいたサイン会でお客様と近しくお話しさせていただきますと、皆様、いらっしゃったのは姫路市内からというのにかぎらず、遠く大阪や西宮、宍粟郡からもお越しくださったとか。ご足労をおかけしました。本当にありがとうございました。

 それにしても姫路、やはり天下にしろしめす白鷺の城を持つだけあって、こうやって大勢の方をひきつける文化力、感性の引力が脈打っているのですね。同じ播磨の住人として、姫路という地には魅力的なリーダーとしてもっともっとがんばってもらいたいなと実感しました。
 この日は市民会館での催しとなりましたが、文学館は、水を取り入れた近代建築が映える美しい建物です。皆様、姫路を訪れたなら、お城だけではなく、播磨人の部う学的風土をなぞるためにも、ぜひ一度は足をお運びくださいね。
スポンサーサイト






-->