FC2ブログ

ショパンにうちふるえた夜

2009年05月13日 16:06

 昨日はシンフォニーホールで、ピアノの最高峰ポリーニの演奏を聴いてきました。曲目はショパン。
 クラシックではいつも心地よくて寝てしまう私は、前日も夜更かししたので居眠りは必至・・・と思いきや、そんなもん、寝られません。あまりにすごすぎて。
 音が違う、重なりが違う、技法が違う。
 素人の私でも、しょっぱなから違いがびんびん。そのまま胸を打ち抜かれて、総立ちのアンコールへとなだれ込みました。
 アンコール、4曲ですよ。こんなん、クラシックで、ある?
 まだ耳の中でポロネーズが鳴っている感じ。こんな体験、初めてでした。
 ついに私の感性が洗練されてここまで来たか、と言いたいところですが、そうじゃなく、やっぱり最高峰のピアノがこうさせたってこと。やはり、聴くなら一流を、ってことですね。
 アンコールで彼が弾いてくれた革命のエチュード、練習曲、あんなの、同じ人間がやってることとも思えません。
 ショパンのすごさをダイレクトに教えられた夜、大阪は雨。帰るのがもったいなくて、リーガロイヤルのてっぺん「宙」で、皆で遅くまで語り合った夜でした。
スポンサーサイト






-->