FC2ブログ

iいなみのパール、とれました

2009年05月05日 23:11

 2年にわたって、播磨のため池のみなぞこ深く、ひだまりに揺られて沈んだぬばたま貝。しっかりパールの核を抱きしめて、そして、こんな愛らしい真珠をはぐくんでくれました。
 実験成功!
 いなみ野の池にひろくあたりまえに生息する貝、ぬばたま貝が、ここで生き抜くことができるなら、淡水真珠も育つという証明です。

 とはいえ、生き残ったのはたったの7つ。厳しい結果となりました。それほど、播磨の池の水質が、危機的状況にまで来ているということでもあります。
 昨年の今頃には100個の貝が生きているのを確認したのに、たったひと夏、水面に茂ったヒシが水面下の酸素を奪ったために全滅、というむなしい結末も見届けました。ほんの少しの環境の変化で、水中に生きる生物の命が左右されるという警告でもあります。
 まだまだぬばたま貝についても、その他の生物についても、どういう条件が整えば生き残り命をつなぐことができるのか、なにひとつつまびらかに解明されてはいない現状。貝が生きれば、昆虫も魚も鳥も植物もそして人間の環境までも、きっと澄んだ清らかな聖域になるはず。そのために、これからもっと見守り続けていかねばなりません。
 ひきつづき、いなみのパール・プロジェクト、がんばって継続していきます。どうぞ応援をよろしくお願いしますね。
 
 貝の採取セレモニーについては、「スーパーニュース・アンカー」(関西テレビ16:55~)5月11日(月)でも取材していただきましたので、ぜひごらんくださいね!

 
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト






-->