FC2ブログ

白日のゲーム、散る

2009年05月02日 19:11

 今日は甲子園。阪神×巨人戦、18年ぶりのデーゲームです。
 ちなみに今回は富豪席ではなく、アルプス席から。これぞ応援の真髄、という熱い空気の漂う上段からです。
 大型連休まっただ中、しかも絶好の行楽日和とくれば、スタンドは大入り満員。芝生が真昼の陽に映えて、きれい。
 新装なった甲子園見物もかねた観光の団体さんもいて、とにかく野球の好きな人ならおいでおいで、という雰囲気は、これが本来甲子園のあるべき姿、なんて思ったり。
 でも、残念ながら試合は負け。追いつ追われつの、見応えあるゲームではあったけど、負けは負け。せっっかく私が来たのに、ホームラン一本ぐらい見せてほしかったよ。
そして負けると、観客席からみんなが一斉に帰ることになるからほんとに悲惨。昼間はあんなに夏日で熱いくらいでも、日が陰ってくると浜風がやたら、うすら寒く・・。
 だれも六甲おろしは歌わずに、粛々と阪神電車の駅へ。勝ちゲームなら、浮かれて歌う人、万歳する人、それぞれにこの球場を去りがたく、観客の出もフレクシブルになるんだけれどね。しかたありません、どこかでお茶して時間をずらせて帰りましょう。
スポンサーサイト






-->