FC2ブログ

西国三十三所巡礼からの発想 チョコはお布施?!

2009年02月13日 10:06

 世はバレンタイン・デー。私ももう今日のうちから、“ともチョコ”なるものをいただいたりしました。
 女性どうしでも、もうこれは年賀状のような、時期の挨拶になっているんですね。
 それで思い出したのが、仏教の修業のうちの、「布施」。
 いやいや、玉岡さん何を言い出すの、って思わないで。これ、お坊さんにお経を挙げてもらって渡す御礼の意味じゃありません。六波羅密っていう、彼岸へ渡るための修業の中の一つにあるそうなんです。どんな修業かというと、平常まかりとおっている枠組みをはずす、自分のものだと思って執着しているものを放してみる、というもの。
 だから自分の持っている「財」を分け与えるのも、執着し握っているものを放すことから、今のお布施の意味になったんでしょうね。
 でも、うれしいのは、「財」をともなわない布施もあるんです。笑顔とか、挨拶とかは、どこかのCMみたいだけど、¥0でできる布施、ってことですもんね。
 ってことは、まさに、チョコも布施だと思いません? 普段の人間関係の枠組みをはずし、自分の喜びを相手に分け与える、ということになってるんだから、バレンタインのチョコの贈り物は、立派な布施ですよね。
 ということで、私もオッパーに、「はい、お布施」と言って渡しました。むろん、苦笑いされましたが。

 ところで、こんな仏教用語をもの知り顔で語りましたが、実は今、私、ラジオで「西国三十三所巡礼の旅」っていうのをやってまして、今、いろいろ言葉を吸収中。
 放送のたび一か寺一か寺、ご住職さまのお話しを聞きながら回っていくと、心洗われながら、しずかに仏教の知恵に耳を傾けられます。さすが数千年の歴史があるだけに、このフクザツな現代を生きるヒントもぎっしりです。
  毎週土曜、朝7時からの放送はちょっとキツいけど、ぜひぜひ、一度聴いてみてくださいね! 神戸558KHZ、ラジオ関西です。
 



-->