FC2ブログ

織田作賞、ありがとうございます

2009年01月09日 09:51

 『お家さん』を愛読してくださったみなさま、玉岡かおるを長く応援してくださったみなさま、今回、こんなご報告ができることを本当にうれしく思います。
 『お家さん』が第25回織田作之助賞を受賞することが決定しました。
 本当に、ありがとうございます。

 『をんな紋』で山本周五郎賞の候補になって以来、文学賞なんていうものにはまったく縁遠かった歳月が、これで安らかに埋められました。
 山本賞の落選の時、クオリティの高い作品を世に問うことはもちろん、それを継続して何作も書き続け、派手に花火を打ち上げ続ける能力もまた作家の評価なのだと感じました。ですが、普通の主婦でもある玉岡かおるという作家は、寡作で、単発的にしか作品を発表できない、という限界を自覚し、歯がゆく思いながらのこの歳月でした。
 それが、『天涯の船』、『お家さん』と、自分自身の限界の蓋を死ぬ気で持ち上げた作品が、こうして晴れやかな蒼天への道を突き抜けさせてくれました。
 どなたかが、難しいのは作家になることではない、作家であり続けることだ、とおっしゃったのを思い出します。地味ながら20年間作家であり続けた私のこの歳月が、こんなご褒美をくださったのだと、今、実感しています。
 本当に、ほんとうにありがとうございました。
 ちなみに、受賞式は、まだ少し先です。(^^;

 



-->