FC2ブログ

八木裕さんと対談するの巻

2008年01月18日 23:38

 今夜は役得。東播懇話会の新春例会で、お客様の元・阪神タイガース/現野球解説者の八木裕さんと対談させていただきました。

 きのう、「スーパーニュース・アンカー」でご一緒している野球解説者の金村さんに、八木さんってどんな人? 何を話したらいい? とあれこれ訊いてみたんですが、金村さんいわく、彼はやさしい男だし、訊いたらなんでも答えてくれるよ、とのアドバイス。不安はふっとび、いざ、訊いてみたいことだけ突撃してみました。

 まずは、代打の神様と言われた八木さん、「だいだ、やぎーっ」のコールとおもにスカイ・ハイが流れると、球場全体がざわめいたものでした。そしてまた、この人、代打できっちりキメてくれるんですわ。
 プレッシャーってないの? そして、ここぞという時のチャンスをものにするコツって?
 みんなが知りたい、そんな疑問をぶつけてきました。
 答えは明快。

 ① ふだんから、ピンチやチャンスを想定しておき、頭で状況の整理をしておくこと。
 ② そして、それらの状況に対処できる、腕をふだんから身につけておくこと。
 ③ 以上、頭と腕で、自信をもってバッターボックスに臨むこと。
 ④ あとは、監督の信頼、仲間の後押し、ファンの応援で、潜在能力が加味される。

 うーむ。自力と他力のみごとな結合。あるいは、心技体と、プラス運、ってとこですか。
 たしかにカンペキ。私も八木さんにあやかり、チャンスをモノにできる女になりたいです。

 さあ、ここで八木さんとのツーショットを、といきたいところでしたが、すみません、ブログ用という発想がなくて、そんなん撮っちゃあおりません。
 変わりに、対談の舞台になった東播磨をご覧に入れましょ。国交省のヘリに乗せていただいたときに上空から撮った写真です。右上に見えるのは、ご存じ、天下の名城、姫路城です。
SBSH0015.jpg
 
スポンサーサイト






-->