FC2ブログ

東京駅と福崎インターチェンジ

2007年11月19日 21:04

 発売前のパブリシティに東へ、西へ。どこへ行っても、「玉岡さんて、タフですねえ~」と驚かれるのは、やっぱり、今、まさに作品を送り出すまぎわの、母だからではないでしょうか。
 でも、あわてん坊はなおりません。自分の犯した失策に、自分で尻拭いするため走り回るから、普通の3倍は動き回ってるかもしれません。
 その一例の、こんな失策。

 インタビューでおしゃべりしすぎた後、最終ののぞみで西へと帰る東京駅で、切符なくした~!
 落とし物・忘れ物の女王を自認するおかげで、切符はわけのわからんところにしまいこまずに、いつも裸にして持ち歩くことにしている私。ところがこれが裏めに出ました。トイレに入って、バッグを置いた棚の上に、よく見えるようにと並べて置いたのはこれまでの経験で得た知恵。なのに、これを忘れて出て来たんだから、もうつける薬はありませんわ。 
 すぐに気づいて戻ったんだけど、ない!ない! 置いたはずのところには何もない!
 後で考えたんですが、自分が使ったトイレの、隣のトイレを探してたらしいんですよね。もう処置ナシ。そりゃ、あるわけないでしょ。
 でも、さあパニックです。駅員さんに訴えたものの、乗る予定ののぞみの発車時刻が迫っているから、とりあえず乗って中でもう一度切符を買いなおしてくれ、と。そんなあほな~。
 いや、自分のあほさを責めてもしょうがない。幸い、エクスプレス予約だから座席の記録がケイタイに残ってるし、乗車券の領収書もあるし。強気で談判しようと指定席にすわる前に車掌さんに事情を話したら、なんと、私の切符を拾って届けてくださた方がいた!
「これですね」
 車掌さんが見せてくれた切符、東京から加古川。まさしく私のです。
 いや~、ありがたいですぅ、東京駅もまだまだ捨てたものじゃありませんね。トイレで切符をゲットしてくださった方、この場を借りてお礼申し上げます!!

 さて、今度は兵庫県福崎町。町立図書館へ、新刊出版記念ということでお話をさせていただきに出かけたのですが、またまたうっかり地図を忘れた! しかも、わがZくんに搭載したうちのカーナビ・皇帝は(毎回、立ち上げるとソクイしました、と言うことから。即位? いえ、測位かもしれんけど。)は、福崎まで1期間半かかる、と示しているし。そんな遠かったっけかな??
 電話で先方に尋ねると、福崎北インターをおりればいいとのこと。そんなん、40分ぐらいの行程やんか~。
 余裕で播但道の福崎を通過、すると皇帝は、
「左、中国道、広島方面へ」
と、お命じになるではありませんか。
 あれぇ? おかしいなあ、とは思いつつ、確かに福崎「北」はまだ通ってないし、と、皇帝の導くままに、左、中国道へ。
 ところがこれがドツボの始まり。標識は広島、岡山、とはるかかなたを指していて、もう福崎なんてどこにも表記がないではありませんか。走れども走れども、ひたすら山の中の高速道路。いったい私はどこ行くのぉ~?? 次の出口の山崎にしたって20�先です。
 やりやがったな、皇帝~!!! そりゃあ、20�先の山崎周りで福崎へもどったあかつきには1時間半くらいかかるでしょうさ。
 間違いに気づいた時は、ほぼ到着予定時間。もう発狂寸前で先方に、遅れますと連絡しましたよ。
 でも泣いてなんかいらんない。皇帝は根性ワルでも、なんたってZくん、メーターに280�/hの表示があるのはダテじゃないんです。日曜の中国道をぶっとばしてやりました。みんな、次々道を空けて先を譲ってくれましたし。ありがとう、ありがとう。おかげで、山崎~福崎を、5分で戻りました。遅れると連絡していた会場側も、「えっ、もう? えらい速いですねえ~」とびっくりされてましたが。

 いやいや、先に周到に準備していればこんなムダな動きもせんでいいんですが、この性格、死ななきゃ直らんようです。オソマツ。
 

お家さん 上巻 (1) お家さん 下巻 (3)
スポンサーサイト






-->