やっと手放す

2007年10月31日 21:24

 さあ、念校も終わりました!
 でも、最後にまだ、消し忘れていたフレーズがあって、よくぞみつけてくださいました校閲様~、って感じです。もしもこのまま行ってたら大恥かくところだったとひやひやものです。
 だいたい、生来、迂闊なあわて者。みんなが、うっそ~、と驚くようなことをやってのけるアバウト教信者ときてますから、原稿でもケアレス・ミスのオン・パレード。小さなミスのつもりがストーリー展開にも影響を与えるミスに発展、なんてこともよくある私。
 今回はかなり反省したつもりですが、次回作に活かされるか、っていうと、ため息です。だって、小学校一年の時の通信簿から、「うっかりミスが多いです。もう少し落ち着いて考えましょう」って書かれてたのが、この年になって直せるかというと、……疑問です。
 でも、反省って、次に活かさなければ意味亡いですもんね。気を引き締めたいと思います。

 ということで、いよいよ書き手の私の仕事は終わってしまいました。あとは装丁、帯コピーと、ここからは編集者S嬢の仕事です。
 考えてみれば、全国の書店に並ぶのが11月20日。今頃こんなことやってて、ほんまに出来上がるんやろか、と疑心暗鬼もありますが、ひとつひとつステップを上がり、渾身の作が産まれ出る瞬間はもうすぐそこまで来ています。乞うご期待。