ひさびさのフェスティバルホール・ライブは韓流

2007年06月28日 00:00

 きょうは友人の友人がライブにさそってくれ、行ってきました、大阪、中之島のフェスティバルホールへ。
 だれのライブか、っていいますと、Kっていう、韓流のミュージシャンです。
 いえ、これ、仮名でもイニシャルでもなく、Kというのが名前なの。ご存じの方はご存じでしょうね。ドラマの挿入歌なんかも彼が歌ってましたし。
 彼の場合は、韓流というより、すでに日本でじゅうぶん活躍してるから、一人の韓国出身ミュージシャンという方がいいかもしれないですね。

 とにかく友人の友人ってのがすっごいファンなんです。
 もちろんファンクラブにも入ってて、取れないだろうと思って下手な鉄砲を数打って応募したころ予想を裏切って全部当選し、私まで誘ってもらった、というしだい。
 ちなみに彼女の席は最前列の1列めで、私たちは、なんと”K”列。いいノリですねえ。

 事前に彼女がCDをくれて、予習たっぷりしていきましたが、これがすっごくよいの。澄んだ声、高い音域、せつなくなる歌詞。
 そう、Kくんは、とっても日本語が上手で、ちゃんとジョークで笑わせてくれるのです。
 もちろん、フェスティバルホールは二階までぎっしり満席。人気があるんだねえ。
 70歳台のおばあちゃんも前方の席で聞きに来ていて、うーん、すてきな音楽はいくつになっても人の心が求めるものなんだわ、と深く納得。
 私も70歳になっても、すてきをみつけにライブに行くぞ~。
 でも、腰が持たんか。いやはや。