FC2ブログ

ごちそうか、罰ゲームか

2007年04月05日 02:29

20070405.jpg


 今夜は珍しくテポドン抜きで、オッパーと二人でおなじみの寿司屋に行ってきました。(注※オッパー=うちのダンナのことです。アクセントは後ろ。)
 お寿司屋さんも春なんですね~、板さん、次々と珍しい春の味を出してくれ、カウンターでは
「うっわ。この店にこんなええもんあったんか~」
 と失礼きわまりないことをのたまいながら、オッパー、ウハウハ。

 どんなええもんかと言いますと・・・ 
 � 「はいよっ、まずは、のれそれ。透き通って美しいやつをナマでどーぞ」
  って、あのー、私、お刺身とかナマもの、あんま好きくないんす、すんません。 
 � 「ほんじゃこれどうでい。じゃ~ん!」
  金魚鉢みたいなガラスの器が出てきました。さあ何でしょ。
 ! げっ。中には何かおよいでる。
  ちょっとちょっと、生きて、なんかうようよ、泳いでますがな~。これ何? グッピー? → 写真を見よ。
   「アナゴの稚魚、とれとれの、いきいきでっせ、躍り食いをご賞味あれ」
  きゃー、無理~。

   昔、テレビの撮影でも、グルメのコーナーで躍り食い出されたことあったんですがパスしたんですよ、こらえてくださいよ。
 � 「じゃあ、お好きなタコでも切りましょかい」
   そう、タコなら大好き。なんせ、女の好物、いも、タコ、なんきん、だものね。
   ・・・て、おにいさん、これ、イキよすぎじゃない? ブツ切りったって、まだ動いてますよ。
   ひえー、お皿の中で、足先がもだえてます、付け根のとこがピチュピチュとお皿に吸い付いてますう。
    無理。

 「おまえ、寿司屋に来といて何ほざいてるんや」
 とはオッパー。
  わかってるけど、なんか食べられるもん出してくださいよ、なんでもいいから死んでるやつで火の通ってるやつ。

 板さん、こんなごちそう出したのに? というまなざしで、薩摩揚げ、上げてくれました。
 いやはや、三木生まれの山猿には、ごちそうも、まるで罰ゲーム、なのでした。

スポンサーサイト






-->