新刊『花になるらん 明治おんな繁盛記』(新潮社)・出版記念回@神戸

2017年10月08日 19:34

いよいよ書店に並んでいます。玉岡かおるの新刊『花になるらん 明治おんな繁盛記』(新潮社)。
華やかな装丁なので、きっとすぐ目に付くはず。

リリース


そして先日、友人&読者の皆様とともに、リリース当日の神戸で、お祝いの会を開いてもらいました。
その時の、お祝いのケーキが、これ!


花になるらんケーキ

なんてステキ!
装丁と同じ、真っ赤な薔薇には、本物の花びらも散らされています。

会場の「ひさご」さんは、神戸でも隠れ家的な場所。バタくさい待ちだけにホテルが多い中、おそらく中央区では他にない日本旅館です。
だからみんなで一緒に旅行でもして、夜に宴会やっているような雰囲気でした。


出版記念パーティー


おたのしみ抽選会は、はずれなしとはいえ、電動歯ブラシや、私がワシントンDCで買ってきたNASAの宇宙食、エルミタージュ展招待券に「ひさご」さん宿泊券と、大放出。
ありがとうございました、ほんとに楽しかった。
しあわせな船出、今後もよき航海となりますように。


パーティ

新刊『花になるらん 明治おんな繁盛記』(新潮社)・出版記念回@神戸

2017年09月09日 10:39

新刊の出版を記念して、友人が神戸でのお祝い会を企画してくれました。
いつも講演会などに来てくださる”真の読者 = 友人たち” の集まりです。
この日記を見てくださっている方も十分に資格あり。
ということで、ご案内しますね。

↓  ↓   ↓   ↓

~ご案内~
さて、ワクワク✨✨する
玉岡さんの新刊発売が決まりました🙌🏻

玉岡さんのアップより

《海のない千年の京都から
ゼロから始まる神戸に出て海外雄飛の志を立てた明治人の物語

🌸花になるらん 明治おんな繁盛記🌸

新潮社より

日程 9月29日(金) 受付18時半
開始19時
場所 料亭旅館イサゴ神戸
新神戸駅近く
http://www.isago.co.jp/

費用 本代込み1万円以内
当日、サイン会

神戸の夜景を見ながら、
玉岡さんの新刊の講演会と
素晴らしいお料理🤗

今から、本を開いた時の香りを期待しています📖

ぜひ、皆様の🗓予定をあけて
お待ち下さいね〜〜

お問い合わせ・お申し込みは
tenpaaya@gmail.com  宇山サロン まで

花になるらん・装丁

お待たせ~! 新刊、出来!!

2017年09月09日 10:16

読者のみなさま、お待たせしました。
新刊『花になるらん 明治おんな繁盛記』(新潮社)、いよいよ予約開始です。
全国の書店の店頭でお目にかかれるのは9月29日から。
お楽しみに~。

花になるらん・装丁

満員御礼、札止め感謝

2017年06月03日 21:27

 神戸に新しくオープンした「神戸三宮シアター・エートー」 こけら落とし 「玉岡かおるのスペシャルトーク アイラブOSK 関西に100年息づく歌劇文化を語る」、お越しくださったみなさま、ありがとうございました。

シアター・エートーでのトークショー3

神戸に今までなかった小劇場。そうよ、大劇場や中ホールならたくさんあるけど、こんなぴっちりした空間はなかったのよねー。
 そんなおニューな場所で、これまた神戸で今まで見ることの出来なかったOSKが初お目見え。
 なんと、惜しまれながら退団し、もう観ることがかなわないはずの牧名ことりさんを呼び戻して舞台に立っていただきましたよ!
 こんなの普通はありえない。
 ことりさんも、歌うのは退団後1年9カ月ぶりです、とおっしゃりながら、すばらしい歌を聴かせてくださり、会場は感動にふるえました。
 その上、現役の若手スター、真麻里都さんが、ダンスリーダーとしての片鱗をご披露してくれた!かっこいい~!!

シアター・エートーでのトークショー4

こんな贅沢が、自分のトークで実現するなんて。
ことりさん、真麻さん、OSKさん、ありがとう。
何より、このすごいできごとにおつきあいくださった来場者の皆様、ありがとう!!

シアター・エートーでのトークショー6

 お初づくしは、新しいもの好きな私にはぴったりとはいえ、劇場をいっぱいにできたことは、こけら落としになによりのご祝儀となりました。感謝です。
 これを機会に、ぜひとも神戸でOSKが観られますよう、そして多くのファンがレビューの喜びと出会い、神戸のあらたな文化となりますよう。^^


シアター・エートーでのトークショー7

神戸開港150年!

2017年05月21日 20:04

神戸が開港して、150年。随所で記念のイベントが行われていますが、当の神戸市の主催で行われる式典は、これ。
ポートピアホール&ポートピアホテル大輪田の間に、秋篠宮殿下をお迎えしてのフォーマルなもの。
わたくし玉岡かおるは、特別アドバイザーという立場で、お招きいただきました。
最前列の席では、同じく特別アドバイザーの竹下恵子さんと、3年ぶりの再会。
そう、舞台『お家さん』で主演していただいたご縁です。


竹下恵子さんと

美しくて知的な竹下恵子さん、スピーチに立たれ、『お家さん』を演じたことで生まれた神戸とのご縁の深さをお話しくださいました。
うれしいですね。

神戸を語る記念の講演といえば、わたくしも、たくさん貢献させていただいています。
こちらの写真は、式典と同じくポートピアホールでの講演( by 全広連)

IMG_3859.jpg

今までは静止画像をお目にかけての講演でしたが、今回からは進化して、パワーポイント習得しました。
より見やすい画面です。(当社比)


IMG_3861.jpg

ありがたいことに、募集と同時に満員御礼で、抽選になったりとご迷惑をおかけしていますが、まだこれからも機会はありますので、ご都合が合えば、いらしてくださいね。

そうそう、気になる新刊のお知らせです。
神戸開港150年、大政奉還150年のこの節目に、私が黙って講演やってるはずもなく。
転んでも小説のネタ。
開港当時の神戸を舞台にした長編小説、今秋9月には、皆様のもとにお届けできるようがんばります。
お楽しみにね。